2410a2e638d0ae1e26332e6a1c6c14fa_s
 ストックフォトサイトでのイラスト販売と、記事作成で得た種類を記録しています。

ストックフォトのイラスト販売成果

フォトライブラリー

9月 Mサイズ1枚 567円
10月 0枚

PIXTA

9月  Sサイズ1枚+Mサイズ2枚
定額制1枚

合計4枚 7.95クレジット(¥795)

10月 
Sサイズ 1枚+Mサイズ2枚
定額制 3枚 (内2枚は0.25クレジット、一枚だけ0.79クレジット)

合計6枚 8.99クレジット (¥899)

 今回、売れたイラストは人物シルエットがメイン。2ヶ月合計で2261円という結果でした。

イラストのデータ形式

 現在、PIXTAはpngやベクター素材のイラスト登録に対応しています。しかし私が登録した頃(2009年)は、まだjpgのみの対応だったため、古い作品はすべてjpg販売のまま。

 あとからpngを追加することも出来るのですが、面倒だったためそのままにしていました。今回売れたイラストの半分は、2010~11年に登録をしたものですから、古い上にjpg形式のみの販売です。しかし意外とまだ、需要はあるようです。

 加工の手間を考えると、やはりpngやベクターデータもあったほうが良いと思います。しかしjpgオンリーでも、まったく売れないというわけではなさそうです。

ライティングサイト収入

 ライティングサイトで記事作成をして得た収入は、以下の通りとなりました。

Shinobiライティング 45723円
repo 23500円
リアルワールドCROWD 3960円
サグーワークス 945円

 久しぶりにサグーワークスで作業をしてみようと思ったのですが、あまり書きやすい案件がなく、結局他のサイトで頑張っていました。

 ここ最近、repoとリアルワールドCROWDには共通した案件が出ているようです。どちらのサイトも金額アップをすることがあるため、タイミングによって報酬が異なります。両方に登録をしている人は、報酬金額を比較してから作業すると、損がないかと思います。