8bc3db84fac90f6107a77128d272fcb2_s
 私が登録している、ライティングサイトについてまとめました。 個人的に良いと感じている順に、並べています。

Shinobiライティング

Shinobiライティングキャプチャ
Shinobiライティング


 審査時間が短く、案件によっては即時承認となるサイトです。最短5営業日で換金できます。

 1000ポイント(500円)からamazonギフト券、iTunesギフト、PEXポイントに交換可能。PEXから現金振込を行なう際に、手数料が発生します。

関連記事 Shinobiライティングの単価や交換、利用した感想など

CROWD(リアルワールド)

クラウド(リアルワールド)のキャプチャ
CROWD

 ポイントサイトのげん玉なども運営している、リアルワールドの記事作成サイトです。基本の単価は低めですが、頻繁にポイントアップします。

 換金手続きはスピーディーですが、記事の承認まで時間がかかります。月に一回まで、換金手数料無料チケットがもらえます。

関連記事 リアルワールドのクラウド(CROWD)で記事作成した感想

REPO(ルポ)

repoキャプチャ
REPO(ルポ)

 審査が遅く、案件も少なめな傾向です。しかしドットマネーに交換できるため、手数料無料で換金できます。また、審査も比較的優しいという印象です。

関連記事 REPO(ルポ)に登録した感想

サグーワークス

サグーワークスキャプチャ
サグーワークス

 以前はよく利用していましたが、最近はやや審査が厳しい印象になり、あまり作業していません。ドットマネーに対応しています。

関連記事 サグーワークス(sagooworks)の単価や換金方法など



 ライティングサイトはその時々で、案件が増減しますし、単価も変化しやすい傾向です。毎月継続して記事作成をするなら、いくつかのサイトを掛け持ちしておくと良いでしょう。

 上記以外にも、クラウドワークスやランサーズ、シュフティなどのサイトがあります。こちらはプロジェクト形式のお仕事が豊富にあり、案件によっては高単価なものも多いようです。

スポンサードリンク