私が初めて使用したパソコンは知り合いから借りた物でした。Adobeのフォトショップやイラストレーター、あとペインターなどもインストールされており、インターネットで調べつつ、イラスト作成を楽しむことができました。

 いざ自分のパソコンを購入した際、ソフトを買ってイラストを描こう!と思ったものの、イラスト用ソフトのお値段にビックリ。とても買うことはできない…と早々に諦めて、フリーソフトやシェアウェアを試し始めました。

 フリーソフトやシェアウェアは、高額なソフトと比較すると機能などが少なく、扱いにくい場合もあります。少し手間が増える面はありますが、お値段を考えたら十分すぎるくらい良い物が多いと思います。

 どれも有名なものばかりなのですが、一応おすすめのフリーソフト・シェアウェアを紹介します。

ファイヤーアルパカ(2016/8/19更新)

ファイヤーアルパカのスクリーン・ショット
フリー ペイントツール (Mac/Win 両対応) FireAlpaca [ ファイア アルパカ ]

 高機能で使いやすい、お絵かきフリーソフトです。 こちらの記事で詳しく紹介しています。

ペイントツールSAI(ペイントソフト)

SYSTEMAX Software Development - ペイントツールSAI SYSTEMAX Software Development - ペイントツールSAI
シェアウェアですが、31日間無料でお試し出来ます。価格は5400円。

SAIは日本の方が開発しているソフトです。有料ですが操作がわかりやすいし、お値段も安いです。私はこちらを使用してイラストを描き、ストックフォトで販売しています。

GIMP(ペイントソフト)

GIMP - GNU Image Manipulation Program GIMP - GNU Image Manipulation Program
高機能なフリーソフトです。海外のソフトですが、日本語化パッチが存在します。ずっと無料で使えます。実際に使ってみたところ、ちょっと操作が難しいと感じました。しかし詳しい解説サイトなども豊富にあるので、調べつつ練習ができます。


Inkscape(ドローソフト)

Inkscape-website in Launchpad Inkscape-website in Launchpad
 AdobeIllustratorと同じような機能を持ったフリーソフトだそうです。こちらも海外製ですが、日本語化が可能です。 ずっと無料です。
が、私には難しく全然使えていません(;^^)

現在こちらのサイト様で勉強中です。↓

InkscapeでDesign - Inkscapeの使い方 - もくじ InkscapeでDesign - Inkscapeの使い方 - もくじ
Inkscapeの使い方について、とても詳しく解説していらっしゃるサイト様です。基本的な使い方から応用までカバーしているのでとてもためになります。


 GIMPとInkscapeは海外のソフトですが、どちらもとても有名です。使い方がややこしかったりしますが、解説サイトも多いので、調べながら操作を覚えていくことができます。

 SAIの方は有料ですから、、興味のある方はとりあえず無料お試しで使ってみましょう。

高価なソフトが買えなくても


 お金をかけなくても、こうしたフリーソフトやシェアウェアを利用すれば、イラストも描けますしストックフォトなんかにも登録できます。ちょっと試しにパソコンで絵を描いてみたいという方、イラストでお小遣い稼ぎをしたいという方は、試してみてはいかがでしょうか。

 高価なソフトが難なく購入できるのならそれが一番なんですけどね(;^^)Adobeイラストレーター欲しいです…



 関連記事
フリーソフトでもストックフォト用のイラストは描ける?
 ストックフォトサイトの紹介記事
PIXTAでイラスト販売した感想

フォトライブラリーでイラストを販売した感想