ストックフォトサイト「フォトライブラリー」についての記事です。

これまでの総収入金額 

写真素材-フォトライブラリー
写真 素材


フォトライブラリーのこれまでの総収入金額は、約5万円。登録枚数は150枚ですが、色違いなどのバリエーションも含まれており、実質は100枚程度です。PIXTAとほぼ同時期に販売開始していますから、5万6千円だったPIXTAのほうがちょっとだけ稼ぎやすいようですね。


最初にイラストが売れたのは登録半年後

 フォトライブラリーでは2009年末頃に最初のイラストを登録し、初めて売れたのは2010年の7月でした。PIXTAよりは早く売上が出ましたが、やはりかなり時間がかかってます。

 最初の振込みは、2010年の11月。金額は3778円をゲットしました。多くはないですが、とても嬉しかったのを覚えています。登録してから実際に収入を得るまでに1年かかった、ということになります。


価格を自由に設定できる

 フォトライブラリーでは、イラストの販売価格を自由に設定できます(100円からLサイズ10,000円までの間で100円単位)。私はPIXTAとほぼ同額で販売していますが、かなり安めな値段に設定しているイラストレーターさんもいるようです。

競合する作品が多そうなカテゴリなら、他よりちょっと安くすると、売れやすいのかもしれません。また、「これは高くても売れるはず!」と自信のある作品なら、高額に設定するもの良いでしょう。
51d0f2d5fc9ecdbb54d9fa40a48d456e_s

フォトライブラリーは販売手数料が少なめ

 ストックフォトサイトでは、販売額に応じて手数料が差し引かれます。PIXTAと比較するとフォトライブラリーの販売手数料は少なめで、一番下のランクでも60%。

 1000円に設定した作品が売れたら、400円の収入です。(もちろん、作品の登録は無料です。売れた時に、手数料を引いた額が支払われるという仕組みとなっています。)

 また、振り込み手数料も負担してくれます。売上はPIXTAの方が優勢ですが、フォトライブラリーの方がイラストレーターに優しいと感じます。利用者がもっと増えてくれるといいな~と期待しています。

フォトライブラリーに登録するなら、住所は正確に!

  以前私が登録した際には、本人確認などの手続きがなく、ただサイト上で必要事項を入力するだけでした。おそらく、現在も同じではないかと思います。

 しかしその後、かなり経過してから突然、郵送による本人確認がありました(関連記事フォトライブラリーから郵送による本人確認がありました)。

 いつどんなタイミングで郵送確認が行われるかわかりませんから、登録時には正確に住所を入力しておきましょう。


PIXTAについてはこちら
PIXTAでイラスト販売した感想
その他関連記事
ストックフォトでのイラスト販売、副業には向かない?
ネット収入カテゴリの記事
ネットの色々な収入源 まともな在宅ワークのランキング